注目キーワード

夏越しの大祓い

6月30日(水) 午前7時 夏越の大祓式を斎行致しました。


◉大祓は、我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れ、そのほか、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めることを目的としています。


◉この行事は、記紀神話に見られる伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらい)を起源とし、宮中においても、古くから大祓がおこなわれてきました。



◉六月の大祓を夏越しの祓と呼びます。
大祓詞を唱え、人形ひとがた(人の形に切った白紙)などを用いて、身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅(かや)や藁(わら)を束ねた茅の輪(ちのわ)を神前に立てて、これを三回くぐりながら「水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶというなり」と唱えます。

茅の輪は、

まず一礼してから左足から「左廻り」

次に、右足から「右廻り」

もう一度、左足から「左廻り」

そして、もう一度礼をしてくぐり抜け、社殿に参拝いたします。


◉茅の輪くぐりの由緒

茅の輪をくぐると、流行する病に罹らず無事に過ごす事ができると言われます。これは「備後国風土記(ぶんごのくにふどき)」に記されている蘇民将来(そみんしょうらい)の逸話に関わりが深いとされています。

速須佐雄能神(はやすさのおのかみ)が旅の途中に日が暮れてしまい、宿を求めたところ、蘇民将来は貧しいながらも精一杯もてなしました。

そのお礼に、家族に茅で編んだ輪を腰に付けるように伝え、今後疫病が流行った時にもその茅の輪を付けていれば、蘇民将来の子孫の証として疫病から逃れられるだろうと言われました。

蘇民将来の家族は、言われた通り茅の輪を身につける事で、難を逃れたという事です。

大祓いでくぐる大きな茅の輪は、この由緒に基づいて行われています。

◉その年々の節目におこなわれる大祓は、罪や穢れを祓うとともに、自らを振り返るための機会として、大切なことだと思います。