注目キーワード

龍宮神社社宝「流星刀」とは?

流星刀とは、榎本武揚が隕石を材料にして作った日本刀です。
武揚は、オランダ留学を通じて専門の蒸気機関学や船舶運用術とともに、広範な科学技術の習得に努めていましたが、中でも鉱物学と製鉄技術には強い関心を持っていました。ロシア全権公使としてロシア訪問時、アレキサンダーⅠ世所蔵の星鉄刀をツアルスコエ・セロー離宮で初めて見た際、いつか自分も作ってみたいとの強い思いを抱きました。明治28年に富山県白萩村で隕石が発見されたのを知り、それを購入。それ以来この隕石を材料にして刀剣を作る研究に取り組みました。この刀の制作には困難を極めましたが、刀工岡吉國宗が神社に祈誓し三週間精進潔斎して鍛錬の方法を生み出し完成させました。
この流星刀の一振りは、星鐡を24回(通常15回程度)折り返し鍛錬したものを用いて作られ、刀身の表面には如輪木理(木の年輪)に似た斑紋が浮かび出ています。

当神社に奉納された流星刀は、榎本家に代々大切に伝わっていた一振りで、作られた流星刀の中でも「最も刃紋の美しい刀」と御子孫の方より伺っています。