注目キーワード
CATEGORY

神社

神主として心に関わる問題や神道のことについてご説明します

神職身分が昇進しました !

令和三年六月一日、神社本庁より辞令を受け、 神職身分が三級から二級に昇進しました !! 神職の身分は、「袴の色」で色分けされております。 私は今まで三級神職であり、浅葱色(あさぎいろ)いわゆる水色の袴でした。 二級神職の袴は紫色です。 さらに二級上、一級、特級と神職身分の高い方々も多くいらっしゃいます。 《 神職における「階位」と「身分」と「職称」 》 神社本庁に属する神職には、「身分」と「階位」 […]

敬神崇祖とは

「敬神」と「崇祖」、二つの熟語からなる言葉です。 神様を敬い、感謝の心を持ってお祈りすること、 祖先を尊敬し、真心を持ってお祀りすること、 「神道」の基本理念の一つです。 この「敬神崇祖」の書は、龍宮神社の信者さんからご依頼がありました。 「宮司さんの選んだ言葉を「書」にして欲しい」と言われ、色々悩んで書かせて頂きました。 好きな諺(ことわざ)や格言はいくつかありますが、書にするならこの言葉がいい […]

令和3年例大祭、限定御朱印(終了致しました)

《令和3年例大祭限定御朱印は終了致しました》 復活の象徴「鳳凰」と、 闇を照らす「龍神」を イメージしております 運気上昇の「言霊」となるよう「金文字」で宮司が心を込めて書いております 運気上昇・立身出世・無病息災・心願成就の祈祷をしています。 《 初穂料500円からのお納めです 》 ※  東京、大阪などと共に、北海道にも緊急事態宣言が出されており、不要不急の外出自粛となっているため、今回は特別に […]

「大しめ縄」が新しく奉納されました!

2年ぶりに大しめ縄を新しく掛け替えました 小樽龍祭會の方々が、新しいしめ縄を奉納して下さいました。 奉納された大しめ縄は、 しめ縄の長さ:6.5m しめ縄の重さ:250kg 中央の直径 :42cm 小樽龍祭會の谷川修二ご夫妻が、材料の仕入れ、準備、3ヶ月をかけて基礎作りをしてくださいました。 その後、小樽龍祭會の方々が10数名で編み込みを行い完成しました。 翌日、クレーン車で吊り上げ、掛け替えが終 […]

令和3年度例大祭のおしらせ

さて、今年度の例大祭につきまして、 新型コロナウイルス変異株の急激な拡大のため、北海道には緊急事態宣言が出されました。 強い外出自粛や飲食店での酒類提供も自粛となっております。 感染対策に努めながら可能な形での開催をいろいろ模索しましたが、小樽での感染拡大、医療現場での逼迫状況も出てきており、感染拡大防止と皆様の大切な命を守るため、 責任役員とも協議し、本年例大祭は、神輿渡御、露店、奉納行事を全て […]

御神木の桜が満開になりました

龍宮神社の神殿の前に咲く、御神木「ソメイヨシノ」が満開になりました。 ゴールデンウィークは、ずっと雨の予報でしたが、青空が出てとても気持ちの良い天気となりました。 龍宮神社の神殿の前には、向かって左側に「ヒバ」の木、右側に「桜」の木があります。 桜の品種は「ソメイヨシノ(染井吉野)」といい、日本の代名詞ともいわれる木ですね。 ソメイヨシノは、日本固有の「オオシマザクラ(大島桜)」と「エドヒガン(江 […]

医師と神主の2足のワラジ  〜過去の取材〜

2つの仕事から見える医師としての誇り 前半紹介文: 今回は、北海道小樽市で内科と新生児医療に携わりながら、ご実家の神社を継がれて神主のお仕事もされている本間公祐先生をご紹介します。医療は理論的な分野である一方、神社の業務は宗教的で非科学的、相反しているように見えますが、先生はどのようなお気持ちで二つの業務に向き合われているのでしょうか 後半紹介文:神主の仕事をやる中で見えてくる患者さんの生活の実態 […]

国指定重要無形民俗文化財    〜松前神楽〜

《国指定重要無形民俗文化財指定》 【松前神楽】  松前神楽の起源は、350年ほど前。江戸時代のはじめに道南の松前周辺で行われていた神楽や田楽などの伝統芸能を集め、城内神事として伝承され、33事23座によって構成されている。  松前周辺の神社の神職によって演じられ、家ごとにその技術が伝えられ、その後、全道各地へ広がった。道南から後志方面へと渡り、小樽には、1893(明治26)年に福島町の常磐井家によ […]

令和3年 厄祓い・節分祭のご案内

あけましておめでとうございます。 今年は2月2日が暦の上での節分となります。 しかし、例年2月3日に厄祓いと節分祭を行ってきたこと、 コロナ感染拡大防止のため「密」を避けるための日程を考え、 本年の厄祓い・節分祭を下記の日程で行います。 【厄祓い】 1月31日(日)   午前10時〜午後5時 2月1日(月)   午後1時〜午後5時 2月3日(水)   午前9時〜午後5時 ※ 受付:いなほ記念会館1 […]