注目キーワード
MONTH

2020年11月

結びのしあわせ

〜 結婚とは 〜  「禍福はあざなえる縄のごとし」と言いますが、 人生の中では、様々な困難や苦労が待ち受けています。 しかし、それ以上に多くの喜びや幸せも訪れてきます。 美味しいものを食べた時に感じる「うれしさ」 探していたものに出会えた「驚き」 皆んなと力を合わせて力を合わせ成し遂げた「達成感」 人から認められた時の「充実感」 経済的な豊かさを得られた時の「満足感」 どれも、幸せだと感じられる瞬 […]

遷宮とは何か

20年に1度行われる伊勢神宮の遷宮、 60年に1度行われる出雲大社の遷宮とは何か? 遷宮の目的は何か? なぜ20年に一度、遷宮を行うのか? 「神の周りを清らかに改めることで神は若返り、その力はよりあらたかなものになる。」 そして私たちはその“御陰(おかげ)”をいただく。 古代から日本人はそうして遷宮を繰り返しながら、 永遠に変わらないものを次の時代へ受け継ぐという 崇高な精神をもって神への思いを新 […]

人間の死後と霊魂観〜医師であり神主として

【 神道における歴史的な霊魂感 】 神道における人間の死後の霊魂観について根本は、 「本居宣長」の霊魂感と、彼を師と仰ぐ「平田篤胤」の考え方だと思います。 しかし、その二人でさえ大きな違いがありました。 これは、時代の違いや文化の違い、また境遇の違いであるとも思います。 本居宣長は、死後の世界である「黄泉の国」を、古事記を基本として考えていますが、伝記としての古事記は大袈裟な表現や非現実的な表現で […]

龍宮神社の由緒〜現代まで

龍宮神社の御由緒をお話し致しますね。 【御祭神】 龍宮神社は、底津綿津見神、中津綿津見神、上津綿津見神、豊受姫命、大物主神、大毘古命、そしてこの社を建立した榎本武揚の遠祖である桓武天皇の七柱の神様をお祀りしています。 【ご利益】 航海安全、五穀豊穣、病気平癒、武運長久、学業成就、立身出世のご利益があります。 【御由緒】 明治の初め、御鎮座地である小樽のこの地は、まだまだ茫漠たる土地であり、人もほと […]

認知症を考える

家族や自分が認知症になったら 皆さんは認知症という言葉をご存知だと思いますが、認知症という病気を正しく理解していますか? 物忘れのひどい人、同じ話ばかりしている人、昼夜逆転している人・・・ そんなイメージではないでしょうか。 また、以前は何でもできたお父さん、いつも優しく接してくれたお母さんが、何もわからなくなり、私のことさえも忘れてしまった・・・ そんな、とても悲しいと思えることはないでしょうか […]